転職にまつわる話題と現実

スキルなしでの転職は、かなり厳しい現実が待ち構えていることは容易に推測できるといえます。さまざま分野において、価値観が多様化している昨今においては、確固たる実力を兼ね備えたものでしか、生き残ることができないという現実があります。派手なパフォーマンスや空虚な立ち振る舞いは何の意味もないと考えるほうが無難といえるでしょう。変化のスピードが速いとされる時代を生き抜くためには、やはり唯一無二とされる技能や資格、経験を持つものが優位性を持つことはまぎれもない事実といえます。

むろん、スキルについても、簡単に身につけることはできません。不断の努力や衰えることのない探求心などが絶対的な条件になります。一朝一夕に成就するものなどないと考える方が無難といえます。現実は想像以上に厳しいという見解を持つことから始めることが大切です。しかしながら、転職によって活路を見いだしたという実例も多くあります。環境の変化がプラスに寄与するというケースもあるのです。ややもすれば、伝統や既成概念などというものが、その人や組織の成長を妨げている可能性があることも、視野に入れて活動すべきといえます。新しいものを柔軟に受け入れるということと、伝統を守り抜くということの両面から総合的に考える力が必要なのです。グローバル社会が進行する今、時代の流れを速やかに察知することと同時に、その流れにどうやって対峙していくかが問われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です