IT業界への転職後に感じるギャップの理由

スキルなしエンジニアがIT業界に転職する場合に問題となりやすいのが、転職前に抱いていたイメージや希望と、現実に任された職務や現場とのギャップです。どのような仕事であれ「実際にやってみたら違っていた」と思う可能性はありますが、特にその問題が起きやすいのがIT業界の特徴と言えるでしょう。どうしてこのようなギャップが生まれてしまうかと言うと、ひとえにIT業界には、多種多様な技術やスキルを持ったエンジニアが沢山いるからです。優れたスキルや資格を持っているのであれば、その技術を活かした現場に配属されることになりますが、特にスキルがない人の場合は、適正がありそうな現場や、今人材が不足している仕事を任される傾向にあります。このため、プログラミングで開発をすると思っていたのに、お客さんとの打ち合わせや書類とにらめっこする仕事がメインになったといった具合の感想を抱くことになるのです。

このため、もしも「自分はこんなエンジニアになりたいんだ!」という明確な意思があるのならば、できればそれに関連するスキルや資格を持った上で転職をする方がよいでしょう。反対に、特に希望はないけれどIT業界に入りたいと言うのであれば、自分の個性や強みをよく分析した上で希望の職種などについて伝えておくと良いでしょう。ただし、突発的に人材不足に陥った現場などに急きょ配属されるようなケースは、IT業界においては珍しいことではありませんので、その点については事前に理解しておいた方が安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です